• HOME
  • 遺産分割の調停・審判

遺産分割の調停・審判

遺産分割協議がなかなかまとまらない場合、話し合いに参加をしない相続人がいるような場合などには、相続人は家庭裁判所に遺産分割調停・審判を申し立てるのが適切な方法です。

遺産分割調停は、家庭裁判所にある調停室で、調停委員という仲裁人を交えて相続人間の話し合いを行なうことです。
  IMG_0204.jpg
調停における話し合いの進行は、通常、相続人が一堂に会して話し合うのではなく、相続人が交互に自分の主張を調停委員に伝え、調停委員を通じて意見交換をします。

この時、調停委員は相続人全員の意見を聞くだけでなく、相続人が納得できるように助言をしたり、解決案を提案して、相続人間の話し合いが上手くまとまるように調整します。

遺産分割の審判


調停はあくまでも話し合いであるため、相続人全員が合意しなければ遺産分割協議を成立させることはできません。そして、仮に調停が成立しなければ、遺産分割審判という手続きに移行することになります。

遺産分割審判では、家庭裁判所の家事審判官が法律に基づき、相続人各人の主張、年齢、職業、生活状況、その他の事情を考慮して審判を下します。

審判は判決と同じように、確定すれば、これにより不動産の登記手続、預金の払い戻し、場合により強制執行を行うことが可能になりますので、家事審判官が下した判断には従わざるを得ないことになります。

調停・審判のポイント


当事務所が、遺産分割協議や遺産分割調停の依頼を受けた場合には、ご依頼を頂いた当初から、依頼者の要望に応じ、「遺産分割協議や調停がまとまらなかった場合、審判にではこのような判断が下されると予想されます。」というご説明を行っており、調停・審判になった場合に依頼者の不利益にならないよう配慮をしています。

また、遺産分割協議でまとめるよりも、調停・審判にした方が依頼者の利益になる場合には、どのような利益が考えられるのかを丁寧にお伝えした上で、調停・審判への移行をご提案します。
 
調停や審判において、調停委員や裁判官にも主張を理解してもらうためには、単に自分の主張を展開するだけではなく、法律を知った上で適切な主張を展開することが重要です。

 

その他の遺産分割に関するページです。ぜひご覧下さい。

No 種類 ページタイトル
1 解説ページ 遺産分割でお悩みの方へ
2 解説ページ 遺産分割の方法
3 解説ページ 遺産分割協議のポイント
4 解説ページ 遺産分割の調停・審判
5 解決事例 相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事案
6 解決事例 兄弟間の遺産分割協議に関する事例
7 弁護士コラム 遺産分割調停をした場合にかかる期間 弁護士 江畑博之
8 よくあるQ&A 遺産分割協議書の無効主張
9 よくあるQ&A 遺産分割は49日を過ぎてからでないとできないのでしょうか?
10 よくあるQ&A 遺言の内容に従わないで遺産分割してもよいのでしょうか?
11 よくあるQ&A 遺産分割が終わりまでの家賃収入は?
12 よくあるQ&A 遺産分割が終わるまでに必要な賃貸不動産の管理費用は?

弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.