• HOME
  • 遺留分減殺請求をするには

遺留分減殺請求をするには

遺留分を減殺請求するためには、相続開始及び減殺すべき贈与、または遺贈があったことを知ったときから1年以内に請求を行なうことが必要です。

遺留分減殺請求を行なう相手は、贈与や遺贈を受けた遺留分を侵害している相続人また受遺者などになります。
  IMG_0249.jpg
1年という期間は、長いように思われるかもしれませんが、専門家から見ると実は極めて短い期間になります。また、間が空いてからの請求になると、もめてしまう可能性が高まるため、早めに請求しましょう。

また、請求権自体は、相続開始から10年で消滅してしまいます。この10年というのは、遺留分減殺請求の対象になる贈与や遺贈があったことを知らない場合でも変わりませんので、できるだけ早く請求を行なうことが肝心です。

遺留分減殺請求の注意点


遺留分減殺請求を相手方に通知する場合には、必ず内容証明郵便を使って通知し、配達されたことを確認し、配達証明で証明できるようにしましょう。このように内容証明及び配達証明できちんと証拠にしておかなければ、後々遺留分減殺請求をしたかどうかで争う可能性もあります。

また、遺留分減殺請求を行なったからといって、相手方はすぐに返還に応じてくれないことがほとんどです。遺産についての情報の開示もなされないことも多いです。このような場合には、家庭裁判所に調停及び審判を申し立てて、遺留分について争うことになります。

しかし、実際に遺留分減殺請求を行なう場合はほとんどの場合でもめてしまいトラブルに発展してしまいますので、相続トラブルの専門家である弁護士に予めご相談されることをお勧め致します。

遺留分についてはこちらもご覧ください


遺留分に関する解決事例はこちら

No 事例
1  遺留分減殺請求に関する事例
2  使途不明金がある場合の遺留分減殺請求に関する事例
3  対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例


弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.