1.遺産の土地境界を確定させ相続税に関して更正を求めた事例

1.jpg

だいぶ以前に担当した案件ですが、遺産の一部の土地の隣地との境界がはっきりしていなかった事例がありました。

すでに相続税の申告は終わっており、他の税理士さんが登記簿やその他の公的資料等から計算して、申告書を作成され提出したとのことでした。
 
そのような状況下で当事務所にその土地の境界を明確にしておきたいと言う依頼がありました。
 
こちらで調査したり、経緯を聞くと、隣地の所有者と協議したが、折り合いがつかず、図面を作成する必要上、ある程度、相手の主張を認めるようなやりとりもしてしまったとのことでした。
 
実際に境界線をどこにするかによって、その土地の地積が変わってくるので、申告の際に表示した評価額の前提とした地積と、実際に境界を決めて測量した場合、差が出てくることになると思われました。
 
そこで、境界を確定するため訴訟を起こし、結果的には和解により境界を確定し、それに基づいて測量を行いました。和解自体はあまり有利な内容ではありませんでしたが、経緯からするとやむを得ないと思われるものでした。ただし、これは予定通りで、むしろ相続税に関して更正を求めるのが本当の目的でした。
 
その和解に基づいてその土地を測量すると、申告の際に評価額算定の前提とされた地積よりかなり下回ったため、結果的に評価額も異動が生じたと言うことで、税務署に対し更正の請求を行い、相当額の税金の還付を受けることができました。
 
ある意味、「負けるが勝ち」と言ってもいいような結果となりました。
 

 


その他の解決事例です。ぜひご覧下さい。

No 解決事例
1 遺産の土地境界を確定させ相続税に関して更正を求めた事例
2 払い戻しをしたと思われる他の相続人に対し返還を求めた事例
3 父死亡後、相続人の一人が行方不明となり、預金が下ろせなくなった方の事例
4 遺言作成及び遺言執行者の選任を行った事例
遺留分減殺請求に関する事例
相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事例
兄弟間の遺産分割協議に関する事例
複数の不動産を所有する方の遺言を作成した事例
お子さんの今後の生活に配慮した遺言を作成した事例
10 使途不明金がある場合の遺留分減殺請求に関する事例
11 相続人が遠方に居住し,不動産を複数所有する方の遺言書を作成した事例
12 対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例
13 遺産分割協議に関する事例
14 遺産分割協議に関する事例②

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.