遺言作成及び遺言執行者の選任

2.jpg

ある依頼者から遺言を作成したいとの依頼がありました。
 
相談時には依頼者の方は入院されており、字が書けない状況であったこと等から、遺言の方式としては公正証書遺言を選択することにしました。

 

当事務所の方で公証役場に連絡をとり、依頼者が希望する遺言内容を伝え、公正証書遺言を作成しました。依頼者からは、当事務所に遺言執行者として選任してほしいとの要望もあったため、その旨の条項も遺言に加えました。

 

それからしばらくして依頼者の方はお亡くなりになりました。当事務所が遺言執行者として選任後すぐに相続人に連絡をとり、相続人の方で依頼者のために立替えた費用を精算する等した後、遺言内容どおりに執行を完了しました。

 


その他の解決事例です。ぜひご覧下さい。

No 解決事例
1 遺産の土地境界を確定させ相続税に関して更正を求めた事例
2 払い戻しをしたと思われる他の相続人に対し返還を求めた事例
3 父死亡後、相続人の一人が行方不明となり、預金が下ろせなくなった方の事例
4 遺言作成及び遺言執行者の選任を行った事例
遺留分減殺請求に関する事例
相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事例
兄弟間の遺産分割協議に関する事例
複数の不動産を所有する方の遺言を作成した事例
お子さんの今後の生活に配慮した遺言を作成した事例
10 使途不明金がある場合の遺留分減殺請求に関する事例
11 相続人が遠方に居住し,不動産を複数所有する方の遺言書を作成した事例
12 対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例
13 遺産分割協議に関する事例
14 遺産分割協議に関する事例②

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.