相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事案

2-2.jpg

1.事件の種類

相続人調査,相続財産調査,遺産分割協議書の作成及びそれに付随する法的・税務的アドバイス

2.事件の概要

ご依頼者様は,親族がお亡くなりになったことを,その親族が生前入所していた介護施設より連絡があって知ることになりました。しかし,遺言書は作成されておらず,しばらく疎遠であったため,どのような財産があるのか等様々な状況が明らかではありませんでした。
 相続人間で争いは無かったため,相続人の確定及び遺産分割協議書の作成についてご依頼を受けました。
 

3.当事務所が行ったこと

まず相続人の範囲が不明であったため,戸籍等を取り寄せ,相続人の範囲を調査しました。
 また,それと同時に,各金融機関に照会をかけ,通帳からわかるもの以外に預貯金や有価証券等が無いかを並行して調査しました。
 さらに,遺産分割協議及びその後に親族間で贈与する際に,どういった税金が発生するのか,その際にはどのような法的関係となるのかといった点をアドバイス致しました。
 

4.担当弁護士の所感

事案としては,戸籍収集,財産調査及び遺産分割協議の作成という,紛争性もなく,シンプルなものでした。ただ,長年疎遠だった親族の相続で,しかもご依頼者様もご高齢であったため,弁護士が手続を代理することで円滑な遺産分割のお手伝いができたかと思います。
 また,税務に関しては,当事務所の税理士が関与することでご依頼様の疑問にお答えすることができましたので,法務と税務の両面からサポートすることができました(担当弁護士 五十嵐)。
 

その他の解決事例です。ぜひご覧下さい。

No 解決事例
1 遺産の土地境界を確定させ相続税に関して更正を求めた事例
2 払い戻しをしたと思われる他の相続人に対し返還を求めた事例
3 父死亡後、相続人の一人が行方不明となり、預金が下ろせなくなった方の事例
4 遺言作成及び遺言執行者の選任を行った事例
遺留分減殺請求に関する事例
相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事例
兄弟間の遺産分割協議に関する事例
複数の不動産を所有する方の遺言を作成した事例
お子さんの今後の生活に配慮した遺言を作成した事例
10 使途不明金がある場合の遺留分減殺請求に関する事例
11 相続人が遠方に居住し,不動産を複数所有する方の遺言書を作成した事例
12 対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例
13 遺産分割協議に関する事例
14 遺産分割協議に関する事例②

 

その他の遺産分割に関するページです。ぜひご覧下さい。

No 種類 ページタイトル
1 解説ページ 遺産分割でお悩みの方へ
2 解説ページ 遺産分割の方法
3 解説ページ 遺産分割協議のポイント
4 解説ページ 遺産分割の調停・審判
5 解決事例 相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事案
6 解決事例 兄弟間の遺産分割協議に関する事例
7 弁護士コラム 遺産分割調停をした場合にかかる期間 弁護士 江畑博之
8 よくあるQ&A 遺産分割協議書の無効主張
9 よくあるQ&A 遺産分割は49日を過ぎてからでないとできないのでしょうか?
10 よくあるQ&A 遺言の内容に従わないで遺産分割してもよいのでしょうか?
11 よくあるQ&A 遺産分割が終わりまでの家賃収入は?
12 よくあるQ&A 遺産分割が終わるまでに必要な賃貸不動産の管理費用は?

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.