対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例

4-2.jpg


事件の種類

 
遺留分減殺請求の対応,遺言執行業務の代理,財産調査,その他遺産の処理に関する協議
 

事件の概要

 
依頼者のお父様が公正証書遺言を遺してお亡くなりになられ,その遺産に関する案件で,当事務所が受任した時点で,すでに遺留分減殺請求がなされていました。相続人は3名で,そのうちのお一人から依頼を受けました。依頼者の方は,遺留分減殺請求をしてきた相続人と従前から対立することが多く,直接のやり取りが不可能な程度になったため,当事務所にお越しになりました。
 

当事務所の活動

 
遺言書の内容は,当事務所依頼者に財産を全て相続させ,遺言執行者に指定するというものでした。ただ,遺言書からは財産状況が明らかでなかったので,当事務所から金融機関や関係機関に照会等を行って財産状況を確認しました。
その上で,遺留分相当額を算定し,動産などの細かな点を整理しました。
相手方は,遺留分減殺の他にもいくつか請求をしてきたため,それに対する対応も行わざるを得ませんでした。
そして,遺留分に相当する金額その他の処理について相手方と交渉を行い,最終的に合意書を取り交わすことができました。
 

担当弁護士の所感

内容として難解な法律問題があったわけではありませんが,当事者同士が感情的に対立し,すでに当事者間での話し合いが著しく困難なケースでしたので,弁護士が入ることで協議が円滑に進むことができたと思います。依頼者様と相手方とが直接話し合いをしなくて済んだこと,協議が成立することができてよかったです(担当 五十嵐)。

その他の解決事例です。ぜひご覧下さい。

No 解決事例
1 遺産の土地境界を確定させ相続税に関して更正を求めた事例
2 払い戻しをしたと思われる他の相続人に対し返還を求めた事例
3 父死亡後、相続人の一人が行方不明となり、預金が下ろせなくなった方の事例
4 遺言作成及び遺言執行者の選任を行った事例
遺留分減殺請求に関する事例
相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事例
兄弟間の遺産分割協議に関する事例
複数の不動産を所有する方の遺言を作成した事例
お子さんの今後の生活に配慮した遺言を作成した事例
10 使途不明金がある場合の遺留分減殺請求に関する事例
11 相続人が遠方に居住し,不動産を複数所有する方の遺言書を作成した事例
12 対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例
13 遺産分割協議に関する事例
14 遺産分割協議に関する事例②

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.