遺産分割調停で早期に解決した事例
 


事案の概要


・父親が亡くなり,相続人は,妻,子,前妻の子(2人)の合計4人
 相続財産は,多数の不動産,預貯金,有価証券等,総額約2000万円
 

ご依頼の経緯


・前妻のお子様たち2人から,家庭裁判所に対し,遺産分割調停の申し立てがあったため,被相続人の奥様とお子様からご依頼をいただくことになりました。
 

当事務所の活動


・被相続人がお亡くなりになる直前に,生命保険の受取人名義を,ご自身から奥様に変更していたことから,受取人変更の有効性などが問題になりました。
当方からは,書類作成の状況や署名の方法などの細かい事実を説明し,手続きが有効であることを主張しました。
・相手方からは,被相続人の生前,貸したお金がある,被相続人のために立替えた費用があるという主張がされていたため,貸し付けや立替えを裏付ける客観的資料について検討しました。
・不動産の評価額が争点になりました。当事務所の依頼者が不動産を全て相続し,相手方に代償金を支払う方向で解決を検討していたため,不動産の評価を低く見積もる根拠を主張しました。
 

担当弁護士の所感


・被相続人の生前に,相続人の一部が立替えた費用や,被相続人からもらったものなど,双方が特別受益を細かく主張した場合には,解決までに長期間かかってしまうこともありますが,当事者双方がお互いに譲歩の姿勢を見せたため,比較的短期間で解決することが出来ました。
本件は,当事者双方に弁護士が代理人として就いていた事案であり,双方の弁護士がそれぞれの依頼者と十分な意思疎通を図って信頼関係が築けていたことも,早期解決に至ることができた理由だと思います。(担当弁護士 江幡 賢)


その他の解決事例です。ぜひご覧下さい。

No 解決事例
1 遺産の土地境界を確定させ相続税に関して更正を求めた事例
2 払い戻しをしたと思われる他の相続人に対し返還を求めた事例
3 父死亡後、相続人の一人が行方不明となり、預金が下ろせなくなった方の事例
4 遺言作成及び遺言執行者の選任を行った事例
遺留分減殺請求に関する事例
相続人調査及び遺産分割協議書の作成を行った事例
兄弟間の遺産分割協議に関する事例
複数の不動産を所有する方の遺言を作成した事例
お子さんの今後の生活に配慮した遺言を作成した事例
10 使途不明金がある場合の遺留分減殺請求に関する事例
11 相続人が遠方に居住し,不動産を複数所有する方の遺言書を作成した事例
12 対立する相続人間の遺留分減殺請求等遺産に関する協議が成立した事例
13 遺産分割協議に関する事例
14 遺産分割協議に関する事例②
15 遺産分割調停で早期に解決した事例

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.