姻族関係終了届とは? 弁護士 江幡 賢


最近,たまたま見ていたテレビ番組で,姻族関係終了届(「死後離婚」ともいわれるようです。)を提出する人が増えているということが話題にされていました。姻族関係終了届については,我々弁護士も実務で扱うことは稀ですが,この機会にご紹介させていただきます。

1 姻族関係届とは

姻族関係とは,結婚によって結ばれる配偶者の血族との姻族関係を言います。例えば,妻が夫と結婚すると,妻は夫側の親族と姻族関係が結ばれることになります。
この姻族関係は,離婚をすれば,婚姻関係の終了に伴って終了します。
しかし,夫が死亡した場合には,婚姻関係は終了しますが,夫の親族との姻族関係はそのまま継続します。
姻族関係終了届とは,その姻族関係を終了させることができる届出です。夫の死後に,様々な事情で夫側の親族との姻族関係を解消したいという方が,最近姻族関係終了届を提出するケースが増えているようです。


2 姻族関係終了届の手続

姻族関係を終了するかどうかは,本人の意思で決定できますので,妻が届け出をする場合に,夫の親族の了解等は必要ありません。
また,夫の死亡届提出後であれば,いつでも提出することができ,提出期限もありません。
提出先は,届出人の本籍地・住所地の市区町村の役場です。


3 姻族関係終了届の効果

姻族関係にあれば,原則として扶養義務を負うことになるので,妻は,夫の死後に,夫の親族の扶養義務を負うことになります。しかし,姻族関係が終了すれば,扶養義務を負わなくて済みます。
他方,死亡した夫との間に子どもがいる場合でも,姻族関係終了届の提出によって,子どもの相続に法的に影響を及ぼすことも基本的にありません。
そこで,夫の親族と折り合いが悪いので関わりたくない,夫側の親族の扶養義務を負いたくないなど,様々な事情により,夫の死後,夫側の親族と縁を切りたいという方が,姻族関係終了届を提出するケースが増えているようです。
さらに,姻族関係の終了は,自分の戸籍にしか記録されないことから,相続で問題が生じたとき等に戸籍で確認されない限り,夫の親族に気付かれる可能性も低いそうです。
もっとも,姻族関係終了届を提出されたことが夫の親族に発覚し,感情のもつれから様々なトラブルが生じたり,かえって関係性を悪化させることも多いそうなので,提出には慎重になった方がよろしいかと思います。

些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お問合せバナー

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●HOME 当事務所の解決事例 ご相談の流れ
事務所紹介 弁護士費用 弁護士紹介
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.