民法(相続分野)改正の動き 


 
昨年,民法の債権分野に関する規定を改正する法案が国会で可決されましたが,平成30年1月16日,法務大臣の諮問機関である法制審議会は,民法の相続分野の規定の改正についての要綱案を取りまとめました。

要綱案に記載されている主な改正点は以下のようなものです。

①配偶者の「配偶者居住権」の新設
②婚姻期間が20年以上の夫婦の一方から他方に生前贈与された居住用不動産を遺産分割の対象から除外
③自筆証書遺言における財産目録は自書不要(パソコンで作成可)
④遺産分割前の一定額の預貯金の引き出し
相続人以外の親族が被相続人の介護等をした場合の相続人への金銭(特別寄与料)の請求


上記の改正点の中で特に注目されているのが,「配偶者居住権」の新設です。

遺産を金銭で評価した際,不動産以外の財産(預貯金等)が少ない場合等に,被相続人とその配偶者が居住していた不動産の財産価値が,遺産に占める割合の中で最も多くなることがあります。

配偶者がそれまで住んでいた住宅に引き続き居住することを希望している場合には,その住宅や敷地を相続することが一般的です。しかし,配偶者の法定相続分は2分の1ですので,法定相続分どおりに遺産分割をした場合には,居住用の不動産以外の財産はほとんど取得できないことになり,将来の配偶者の生活資金の確保が不十分となります。

新設される予定の「配偶者居住権」は,住宅に関する権利について,「所有権」と別に「居住権」という権利を設け,配偶者が住宅の「所有権」を相続しなくても「居住権」を取得すれば,住宅に住み続けることができるというものです。

「居住権」自体の財産的価値は,住宅の「所有権」としての財産的価値よりも少額に評価されることが想定されるため,配偶者は「居住権」を取得したとしても,預貯金等の他の財産もこれまでより多く取得することができ,生活資金の確保もできることとなります。

「配偶者居住権」は,相続人間による遺産分割協議の他,家庭裁判所の審判や遺贈(遺言による贈与),死因贈与(贈与者(被相続人)が死亡した時点で効力が生じる贈与契約)等によって,取得することができます。

上記の「配偶者居住権」とは別に,配偶者は,早くても遺産分割が終了するまでは,住宅に無償で居住し続けられる「配偶者短期居住権」という権利も新設される予定です。

この改正法案は,2月中旬に法務大臣に答申され,今年の通常国会で審議される予定とのことです。


新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.