• HOME
  • よくあるQ&A
  • 父名義の預金がかなりあり、通帳と印鑑は私が保管しているので、葬儀費用などに充てるため下ろしたいと思いますが、大丈夫でしょうか

父名義の預金がかなりあり、通帳と印鑑は私が保管しているのですが預金を下ろしても大丈夫でしょうか?

(質問)

昨日、父が死亡しました。父名義の預金がかなりあり、通帳と印鑑は私が保管しているので、葬儀費用などに充てるため下ろしたいと思いますが、大丈夫でしょうか。

 

(回答)

亡くなられたお父さん名義の預金ですので、通帳と印鑑があったとしても下ろすことはできません。銀行がお父さんが亡くなられたことを知っていれば、払い戻しは拒否されることになります。たまたま銀行が死亡の事実を知らなければ払い戻しに応ずることも事実上あり得ますが、このような払い戻しを行うことは法的には問題が生ずることになり、他に相続人がいればクレームがつく恐れがあります。


正式に払い戻しをするには、所定の書類に必要事項を書き込み、相続人全員で署名捺印し、相続人を特定するために必要な戸籍謄本等を揃え、さらに印鑑証明を添付して、銀行に請求する方法をとる必要があります。
遺言書があり、その内容に沿って預金を相続取得する人が確定していれば、その権利者だけで払い戻し請求ができますが、このような場合でも遺言書の効力が争われたり、遺留分の請求により、預金の帰属が確定できないような場合は銀行が供託してしまうこともあります。このような場合、結局、相続人間の争いが解決しないと預金が宙に浮いたようになったまま推移することもあります。


いずれにしても、相続開始が予想される場合は、予め実情に応じて対応がとれるよう相談いただき対策を講じておくことを検討すべきだと思いますので、当事務所にご相談いただければと思います。
 

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.