相続人に債務があった場合①

(質問)

父が先月亡くなりました。相続人は母と兄と私と弟になります。同居していた兄の話によると、銀行から借りていた債務がかなりあるようです。一方で、父と兄家族が住んでいた自宅は父の名義だと言うことです。

兄からは債務は自分がなんとか処理するから自宅は自分だけ単独で相続したいと言うことでした。そして、そのような内容の遺産分割協議書を司法書士さんに頼んで作ってもらったので、そこに実印を押して印鑑証明を取り寄せて渡してくれれば手続きをするので、そのように応じてほしいと頼まれました。

 

母も私も弟も財産は相続したいとは考えておらず、また債務は引き継ぎたくないと言う考えです。
兄の要請通りに応じてもいいものでしょうか。
 

(弁護士からの回答)

相続人は相続分に応じて、被相続人の遺産と債務を当然に引き継ぐのが原則です。したがって、債務も承継することになります。すなわち、相続分に応じた債務を引き継ぎ、その債務を自分の責任で履行しなければならない義務を負うことになります。したがって、仮に被相続人から引き継ぐ資産が負債より少なかったとしても、法定相続分に応じて引き継いだ債務については責任があり、場合によっては自分の預金をはたいたり、固有の資産を換金したり、借金してでも払わなくてはならなくなることもあります。

 

この設問にようにお兄さんが債務も全部引き継ぐと約束してくれていても、その約束はあくまででも相続人間の内部の問題ですので、銀行との関係では各相続人が相続分に応じて債務を負担することになります。したがって、仮にお兄さんが約束したとおり債務の処理ができなくなった場合は、銀行からあなた方にも請求がなされる恐れは十分あります。

 

このような事態を避けるには、家庭裁判所に相続放棄をする必要があります。これは、遺産分割協議書で遺産も債務も相続しないという内容の合意をすることとは別な手続きです。よく、このような内容の遺産分割協議書を作成したから、もう完全に安心だと考える方がいますが、遺産も債務も引き継がせないという場合は、遺産分割協議書を作成するだけでは、不十分と考えるべきです。このような協議書は自宅など遺産について相続登記をするにはそれで手続きが可能となりますが、債務の承継については十分なものとは言えません。債権者である銀行などに対して、債務の責任を免れる主張はできないものです。

 

このような場合は必ず家庭裁判所に相続放棄の手続きをする必要があります。この手続きは相続開始を知ってから、3ヶ月以内に行うことが原則ですので、早めに専門家に相談して、然るべく対処をしなければなりません。
 
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.