相続人に債務があった場合③

(質問)

父が先月亡くなりました。私は父と同居しておりました。母がすでに死亡しており、もともと私以外に子供はいないので、相続人は私だけです。

 

父は以前に事業をやっておりましたが、経営不振で廃業し、金融機関や信用保証協会などにかなりの債務が残っていたので、その処理について破産などの手続きも含めて、検討中でした。

 

自宅は父の名義で、私たちも住んでいるところなので、なんとか私の名義にして残したいと思いますが、父の債務を全部引き継いで支払うことは金額からしても不可能です。

 

自宅の実勢価格は大体2000万円くらいと思われますが、この位ならなんとか調達はできると思います。しかし、父の債務の総額は自宅の価値を遙かに上回ることは明らかです。どうしたらいいでしょうか。
 

(弁護士からの回答)

① まず、何も手続きをしないと相続開始から3ヶ月以内に単純承認、すなわちお父さんの遺産も債務も全部あなたが引き継いだという扱いを受けることになります。これを避けるには、3ヶ月以内に相続放棄をするか、限定承認という手続きをする必要があります。いずれも所轄の家庭裁判所に申し立てる手続きになります。

 

② あなたが相続放棄をした場合は、次順位の相続人、お父さんの両親が相続人になります、その次にお父さんの兄弟姉妹、もし兄弟姉妹がすでに亡くなられて、その子供さんがいる場合はその子供さん、(あなたからすると従兄弟)の方々が順次、相続人になりますが、それらの方も原則、債務を引き継ぐのは希望されないと思いますので、全員が順次相続放棄をすることになると思います。(仮にどなたかが相続放棄をしないとその方が相続人になりますので、その方が自宅と債務も引き継ぐことになってしまうので、その方と自宅の買取の協議をするしかないことになります。ただ、その方は債務についても全責任を負うことになります。)

 

上記の通り全員が相続放棄をしますと、相続人が誰もいないことになりますので、相続人不存在の場合の手続きとして家庭裁判所に申し立て、家庭裁判所から相続財産管理人を選任してもらいます。

 

その場合、自宅も含め、遺産はその管理人が管理することになりますので、管理人と協議し、これを買い取るという方法が考えられます。
 
③ 限定承認をした場合は、いろいろ細かい手続きが必要となりますが、自宅を確保するには、競売手続にかけ、その手続きで落札する方法が原則とされています。

 

また、家庭裁判所で鑑定人を選任してもらい、その鑑定人の鑑定に基づいた金額を支払うことによって、競売手続きを経ることなく、自宅の所有権を取得するという方法もあります。この支払ったお金はお父さんの債権者に配当することになります。
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.