学資と特別受益の関係

 

質問

 兄弟の中で、1人だけ大学に進学した者がいます。その学資(入学金や授業料等)を全て両親が支出していた場合、両親の相続の際に、支出してもらった学資は全く考慮されないのでしょうか。
 
 

弁護士の回答


 相続人の中で、被相続人から生前に贈与を受けていた者がいる場合、相続に際して、この相続人が他の相続人と同じ相続分を受けるとすれば、不公平になります。


 この不公平を調整するため、民法には「特別受益」という規定があります。特別受益の説明については、本HP中の「特別受益の問題」をご参照下さい。


 では、両親が子のために支出した学資は、「特別受益」に該当するのでしょうか。


 他の兄弟からすれば、1人だけ両親に大学の学資を支出してもらったわけですから、その学資は「特別受益」に該当するという主張をしたいところではあります。


 しかし、この点が争われた裁判で、裁判所は、学資は親の子に対する扶養の一内容として支出されるものであるため、特別受益には該当しないとするのが一般的であると判示しました。
 ですので、親に支出してもらった学資を「特別受益」として主張するのは難しいことになります。


 もっとも、私立の医科大学に進学する等、学資が高額である場合には、特別受益とみなされる可能性があります。
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.