生命保険金の扱い

 

質問

父が亡くなり,相続人は妻の私と子1人です。父は,生前に子を受取人とする生命保険をかけていて,子に生命保険金が支払われました。この生命保険金も,被相続人である父がかけていた保険ですから,遺産として私も一部を受け取ることができますよね?
 

回答

生命保険金は,特定の者が受取人として指定されている場合は遺産ではなく,その受取人固有の財産となります
 

亡くなられた方が生命保険をかけていることは多くあります。この生命保険は亡くなった方がかけていたわけですから,その他の財産と一緒で被相続人の遺産に含まれるように思えます。

しかし,この遺産に該当するのかは,受取人が誰なのかによって扱いが変わってきます。

受取人が被相続人自身であった場合,被相続人が保険金を受け取る権利を有するため,相続人はその権利を相続することになります。
したがって,遺産(相続財産)として扱います。

受取人が特定の者として指定された場合,これは指定された者の固有の財産として扱われます。そのため,遺産として扱われるわけではなく,受取人とされた者以外の他の者は,遺産であるとして相続分に基づいて引渡しを求めるようなことはできません。

なお,裁判例上は,「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものと評価すべき特段の事情がある場合」には,特別受益に準じた扱いをして,相続財産に組み入れる扱いも可能であると判断しているものもあります(最高裁判所平成16年10月29日決定)が,かなり例外的な場合でしょう。
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.