相続財産から葬儀費用を支払っても相続放棄はできるのか?

 

質問

私の父は事業を営んでいて,会社の代表者として連帯保証人になっている債務がかなりの額にのぼります。その父が余命幾ばくもないと医師に告げられています。私は普通の会社員で平均的な収入しかありません。もし父の債務を相続するとなると,生活できなくなってしまいます。そのため,相続放棄を考えています。

とはいえ,お通夜とお葬式はきちんと行いたいと考えているのですが,この葬儀費用を遺産から支出することは問題ないのでしょうか。
 

回答

被相続人の地位等に鑑みて相応の葬儀費用であれば支出は可能だが,個別具体的な判断とならざるを得ない。
 
債務を多額に相続しなければならない場合,相続放棄という手続きをとることが考えられます。

ただ,この相続放棄はどんなときであってもできるわけではありません。民法には,「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき」は相続を単純承認したとみなされ,相続放棄が出来なくなってしまいます。

質問のケースは,相続放棄を考えているけど相続財産の一部を使いたい,という内容ですね。そうすると,被相続人の相続財産の一部を葬儀費用に充てることが,法律上の「処分」にあたるのかどうかが問題となります。

こういった扱いが問題となった裁判例では,「社会的にみて不相当に高額なものとも断定できない」(大阪高等裁判所平成14年7月3日決定)などと判断されていたり,「遺族トシテ当然営マサルヘカラサル葬式費用ニ相続財産ヲ支出スルカ如キハ道義上必然ノ所為」であると述べ,やむを得ない支出だから「処分」にあたらないとしている裁判例(東京控判昭和11年9月21日)もあります。教科書的には,社会的に相当だとか,身分相応の支出であれば,「処分」にあたらないという回答にはなります。

問題は,いくらの葬儀費用なら「処分」にあたらないのか,という点です。

しかし,このような問題は個別具体的に判断せざるを得ません。「100万円だから大丈夫」だとか「会社の経営者なら400万円くらい大丈夫」といった回答はできない性質の問題です。

質問のようなケースに直面した場合,親族の間で,相続財産を使わない形で葬儀費用を負担できないかを協議することが重要となるでしょう。
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.