質問

亡くなった母の自宅で掃除をしていたら,タンスの中から母が自筆で書いた遺言を発見しました。封がされていて,念のため封を開けずに保管しています。相続人にあたる親族には連絡しようと思うのですが,どうしたらよいのでしょうか。
 

回答

家庭裁判所で検認手続を。
 
ご自宅で遺言書を発見した場合,気になってすぐに封を開けて中身を見たいとお思いになられるでしょうが,まずは遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に検認の申立てを行いましょう。検認手続を経ることで,遺言書が偽造されることを防止するのです。

ただ,注意していただきたい点は,検認は遺言の有効無効を判断するものではないということです。

検認の申立てをすると,裁判所から相続人に対して「何月何日に検認手続を行います」という通知が送られます。相続人の全員が立会いできなくとも,検認手続は実施されます。

なお,検認をうけないで遺言を執行したり,家庭裁判所以外で封印された遺言書を開封すると,罰則の対象となりますので,遺言書の取り扱いには注意してください。
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.