• HOME
  • よくあるQ&A
  • 相続人の1人が遺言書を隠していたのですが,何か制裁はあるのでしょうか?

相続人の一人が遺言書を隠していたのですが,なにか制裁はあるのでしょうか?

質問

先日母が死亡しました。相続人は私と兄の2人です。母からは遺言書を書いたと聞いていたのですが,自宅には見つかりませんし,公証人役場にも無いとのことでした。
しかし,後日兄の自宅から,母が書いた遺言書が見つかりました。遺言書を隠していたのです。
私は兄を許せません。何か法律上罰則とかはないのでしょうか。
 

回答

遺言書の隠匿は相続欠格者に該当する場合があります。
 

民法には,「相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者」(891条5号)は「相続人となることができない」,と規定されています。

ただ,場合によっては遺言書の扱いが「隠匿」に該当しないこともあるでしょうし,「隠匿」に該当するとしても,この「隠匿」した場合すべての場合に相続欠格者となるわけではありません。故意で隠したことが必要となりますし,裁判例の中には不当な利益を得る目的を必要とするものも見受けられます。
 
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.