質問

相続税の申告はいつまでにすればよいのでしょうか。
 

回答

亡くなった方(被相続人)から相続または遺言による贈与を受けた財産(被相続人が死亡する3年以内に贈与を受けた財産も含みます。)の合計額が、一定の金額を超える場合には、相続税の申告が必要となります。
相続税の申告は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行うこととなっております。ただし、この期限が土日祝日に当たる場合には、その翌日が期限となります。申告の期限までに申告をしなかった場合には、延滞税等がかかることがありますので、申告期限がいつになるのかは早めに確認しておいて下さい。
申告は相続税の申告書の提出をもって行い、その提出先は被相続人の住所地を所轄する税務署です。相続人や受遺者の住所地を所轄する税務署ではないことに注意が必要です。
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.