相続財産管理人とは?

質問

私は,Aさんという人に100万円を貸していたのですが,そのAさんが借金を返さないまま亡くなってしまいました。他にも借金をしていたようで,相続人の人は全員相続放棄をしたと聞きました。しかし,Aさんは不動産等を持っていて,財産が全くないわけではないと思うのです。
なにか債権を回収する方法はないのでしょうか。
 

回答

相続財産管理人の選任が必要。
 
相続はプラスの財産もマイナスの財産も承継するため,被相続人の借金は相続人が承継します。しかし,相続人が相続放棄した場合,誰も承継しないことになってしまいます。
 

第九百五十二条 前条の場合には、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければならない。
 


ここでいう「利害関係人」は「相続財産の帰属について法律上の利害関係を有する者」(新版注釈民法(27)相続(2)久貴忠彦ら編688頁)とされていて,債権者もここに含まれます。この利害関係人等が,家庭裁判所に選任の請求をします。
 
相続財産管理人が選任されると,家庭裁判所はその旨を公告します(952条2項)。この「公告」は,家庭裁判所の掲示板への掲示と官報への掲載です(家事事件手続規則4条1項)。
 
掲載する内容は,以下のとおりです。

家事事件手続規則

第百九条 民法第九百五十二条第二項の規定による公告には、次に掲げる事項を掲げなければならない。
一 申立人の氏名又は名称及び住所
二 被相続人の氏名、職業及び最後の住所
三 被相続人の出生及び死亡の場所及び年月日
四 相続財産の管理人の氏名又は名称及び住所
 

その後,相続財産管理人は,不動産,預貯金や有価証券,生命保険などの財産を調査し,散逸しないように管理をします。例えば,預貯金等については,差押え等されないように,解約の上,相続財産管理人の口座に移します。不動産は売却をしてお金に換えます。このように,被相続人のプラスの財産を管理するのです。その一方で,マイナスの財産もどの程度あるのか,調査を行います。
 

(相続債権者及び受遺者に対する弁済)

第九百五十七条 第九百五十二条第二項の公告があった後二箇月以内に相続人のあることが明らかにならなかったときは、相続財産の管理人は、遅滞なく、すべての相続債権者及び受遺者に対し、一定の期間内にその請求の申出をすべき旨を公告しなければならない。この場合において、その期間は、二箇月を下ることができない。
 

 
相続財産管理人の選任の公告から2か月以内に相続人がいない(出てこない)ようであれば,全ての債権者や受遺者に対して,債権の申し出をするよう公告をします。この申出期間満了後に,配当します。

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.