相続放棄をしたら「おしまい」なのか?
 

質問

父が亡くなり,相続人は母(妻),私(長女)2人です。相続財産としては,父名義となっていた実家の土地建物があります。しかし,父母ともにだいぶ前から施設に入所していたこともあり,自宅は古くてボロボロです。しかも,父は生前借金をしていたので,私と母は相続放棄をしようと考えています。
この場合,何か問題はありますか。
 

回答

相続放棄をしても一定の責任を負う。

 
相続放棄をした場合,後順位の人が相続人となることは,こちらの記事で説明しました。
それでは,相続放棄をした場合,「もう私は関係ない」と言って,全ての責任から解放されるのでしょうか。
例えば,自宅の建物について。自宅の所有者であれば,自宅の瓦や屋根が劣化して,風で吹き飛んで通行人にケガをさせたとしたら,場合によっては,工作物の所有者として損害賠償義務を負うこともあります。
 

(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)

第七百十七条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
 

相続放棄をした場合,「初めから相続人とならないわけですから,所有権等の権利も承継しないため,何の責任も負わなくていい」というふうに思いますよね。実は民法はこのような考え方をしていません。
 

(相続財産の管理)

第九百十八条 相続人は、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産を管理しなければならない。ただし、相続の承認又は放棄をしたときは、この限りでない。
 

 相続放棄をした場合,「初めから相続人とならないわけですから,所有権等の権利も承継しないため,何の責任も負わなくていい」というふうに思いますよね。実は民法はこのような考え方をしていません。
 

まず,相続開始により,相続財産を管理する義務を負います。そして,相続放棄をした場合,相続しないことが確定するわけなので,相続財産の管理義務は消滅します。しかし,いきなり管理者がいなくなってしまうと,何かあった場合の責任の所在が不明確です。
この場合の規定が民法940条1項です。

(相続の放棄をした者による管理)

第九百四十条 相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。


簡単に言うと,相続放棄によって相続人となった後順位の人が相続人として財産管理ができる状態になるまで,管理義務を負うことになるのです。もしこの管理義務を怠って,誰かに損害を発生させたときは,損害賠償義務を負います。
 

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.