私は相続人ですか?

 

質問

私の父の兄(伯父)が亡くなりました。父は3人兄弟で,両親は他界しています。
叔父は結婚しておらず,妻や子はおりません。この場合,私は相続人なのでしょうか。
 

回答

相続人となる者は民法に規定があり,順位にしたがって判断します。
 
第1順位
まず,被相続人の子,当該子が亡くなっている場合にはその代襲相続人である直系卑属が相続人にあたります。この「子」には,実子だけでなく,養子も含みます。


(子及びその代襲者等の相続権)

第887条 被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3 (省略)

  
第2順位
次に,第1順位にあたる者がいない場合,第2順位である被相続人の直系尊属が相続人となります。「尊属」というは,父母や祖父母などを指します。父母と祖父母がいずれも存命の場合には,親等の近い者が相続人となりますので,父母が相続人にあたります。
 

第3順位
第1順位,第2順位のいずれの者もいない場合(相続人とならない場合),被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。
被相続人の兄弟姉妹が死亡している場合,その子が代襲相続をします。上記の質問については,ここに該当しますので,質問者は相続人となります。
ただし,その子が死亡している場合には,その直系卑属が再代襲相続することはできません。


(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)

第889条 次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二 被相続人の兄弟姉妹
2 第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。

 
配偶者の場合
配偶者の場合,上記の順位とは異なり,常に相続人となります。
 

(配偶者の相続権)

第890条 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

 
 
*関連するQ&Aはこちら*
 内縁配偶者の相続権 
 代襲相続人って何? 

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.