遺留分とはなんですか?

質問

私の夫が、私に全ての財産を相続させるという内容の遺言を残して他界しました。
しかし,私の夫には前妻との間に子がおり,その子から遺留分を侵害すると言われました。
どういうことでしょうか。
 

回答

法律上,相続人には一定の承継が保障されており,これを遺留分制度といいます。

 
法定相続人は相続財産のうち一定の割合を承継できることが保障されています。
本来,その財産を所有する人は自由にその財産を処分できることが原則です。
しかし,その方が亡くなった場合,相続財産は残された家族の生活保障という意味合いがでてきます。
そのため,自由に処分はできるけど,一定の分は家族に残さなければならないよ,という制度が作られたわけです。
 
さて,一定の割合とはどういうことでしょうか。

この割合を「個別的遺留分」というのですが,
(相対的遺留分の割合)×(法定相続分の割合)により算定します。
 
相談の事例のように,相続人が配偶者と子(1人)である場合を考えます。

この場合,子の遺留分は,法定相続割合1/2×1/2=1/4となります。
そのため,遺言によってすべての財産が配偶者(妻)に承継される場合,
子の遺留分(1/4)が侵害された,ということになります。
 

相談の事例とは異なり,相続人が配偶者と被相続人の両親という場合はどうなるのでしょうか。

この場合,両親の法定相続分は,1/2×1/3=1/6(2名合計)となります。
 
 

民法
(遺留分の帰属及びその割合)
第1028条 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
一 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
二 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一


最判平成13年11月22日民集55巻6号1033頁
「遺留分制度は,被相続人の財産処分の自由と身分関係を拝啓とした相続人の諸利益との調整を図るものである。民法は,被相続人の財産処分の自由を尊重して,遺留分を侵害する遺言について,いったんその意思どおりの効果を生じさせるものとした上,これを覆して侵害された遺留分を回復するかどうかを,専ら遺留分権利者の自律的決定にゆだねたものということができる。」


新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.