亡くなった方が所有していた仏壇やお墓は誰が受け継ぐの?


 1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像相談者
先日,母が亡くなりました。父は数年前に他界しており,相続人は私と弟になります。母の葬儀では長男である私が喪主を務めました。
実家には仏壇があり,また,実家の近くには先祖のお墓もあるのですが,仏壇やお墓は誰が受け継ぐのでしょうか?
 

2670.pngのサムネール画像弁護士
仏壇,お墓などの財産を祭祀財産(さいしざいさん)と言います。祭祀財産も亡くなった方の財産の一部なのですが,他の財産のように遺産分割によって受け継ぐ者を決めるのではなく,祖先の祭祀の主宰者が受け継ぐことになっています(民法897条)。仏壇やお墓の他には,家系図や位牌なども祭祀財産となります。


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像 

相談者
祭祀の主宰者とは何でしょうか?
 


2670.pngのサムネール画像

弁護士
具体的には,今後の法事を執り行う方などを指します。
 


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

相談者
私は母の葬儀の喪主を務めたのですが,私が祭祀の主宰者になるのでしょうか? 


2670.pngのサムネール画像
弁護士
葬儀の喪主を務めた方がそのまま祭祀の主宰者となるケースが多いですが,必ずしも喪主が祭祀の主宰者になるわけではありません。
 


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

相談者
祭祀の主宰者はどのようにして決めるのでしょうか?
 


2670.pngのサムネール画像
弁護士
法律上は,第一に亡くなられた方(被相続人)の指定,第二にその地方の慣習,第三に家庭裁判所の審判によって決めることとなっています

 

1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像
相談者
母からは,誰が仏壇やお墓を受け継ぐかという話を聞いたことはありません。慣習も特にないと思います。となると,家庭裁判所に決めてもらうことになるのでしょうか?
 

2670.pngのサムネール画像弁護士
法律上は先ほどお話した順序で決めることになりますが,実際には相続人間の話し合いで祭祀財産を受け継ぐ者を決めることも少なくありません。ですので,相続人の間で話合いがまとまっているのであれば,必ずしも裁判所に決めてもらう必要はありません。
 

1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

相談者
仮に裁判所に決めてもらう場合には,どのような点が考慮されるのでしょうか?
 


2670.pngのサムネール画像
弁護士
亡くなられた方との身分関係や過去の生活関係,祭祀財産を受け継ごうとする者の祭祀主宰の意思や能力などの事情が考慮されるようです。
 



1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

相談者
祭祀財産を受け継いだ者は,祭祀を行う義務まで課せられるのでしょうか?
 



2670.pngのサムネール画像

弁護士
いえ,義務までは課せられません。
 



1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

相談者
祭祀財産は全て一人の人が受け継ぐものなのでしょうか?
 



2670.pngのサムネール画像
弁護士
一人の者が受け継ぐことが多いのですが,特段の事情があれば,二人を共同の承継者にしたり,祭祀財産を分割して複数の者が承継することも認められています。
 


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像
相談者
母の遺骨も,祭祀財産として,祭祀を主宰する者が管理することになるのでしょうか?
 



2670.pngのサムネール画像弁護士
いえ,遺骨は亡くなられた方が生前に所有していた財産ではないため,祭祀財産には含まれません。ただし,実務上は祭祀財産を受け継いた者が遺骨の所有権も取得することが多いようです。
 


(祭祀に関する権利の承継)
民法第897条 
1 系譜,祭具及び墳墓の所有権は,前条の規定にかかわらず,慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし,被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは,その者が承継する。
2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは,同項の権利を承継すべき者は,家庭裁判所が定める。



 


新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.