成年後見業務の注意点


5d6ec311333d99e5d06d999f4dd0f439-150x150.png

成年後見人の業務については、さきほどの質問で理解できました。
何か注意すべき点はありますか?
 

2670.pngのサムネール画像
たとえば、お父さんがこれまで一人暮らしをしていたけれども施設に入所することになって、これまで住んでいた自宅を維持する必要がなくなったとします。この場合、自宅を勝手に処分して良いのかというと、そうではありません。
法律上、自宅の処分にあたっては家庭裁判所の許可が必要になります(民法859条の3)。住んでいたアパートの賃貸借契約の解除についても同様です。
 
1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

それ以外にはありますか?
 


2670.pngのサムネール画像
成年後見人は、成年被後見人のために財産を管理する立場にありますから、本人(成年被後見人)の利益に反するような行為は基本的にはできません。
たとえば、親族に対してお金を貸したり、贈与をする行為は、被後見人の財産を減少させるおそれがありますので、基本的にはできません。
ただ、贈与と言っても、孫の入学祝など、金額が少額で、関係性からして贈与しても相当だと言う場合には、認められることはあります。
当然のことですが、後見人の財産を自分の利益のために費消することは横領であって、許されません。この場合、業務上横領罪として刑事責任を追及される可能性がありますし、成年後見人を解任され、損害賠償請求がされることが考えられます。
 
 
民法859条の3
 成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はその敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない。
 
第860条
 第八百二十六条の規定は、後見人について準用する。ただし、後見監督人がある場合は、この限りでない。
 
第826条
 親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。
2 親権を行う者が数人の子に対して親権を行う場合において、その一人と他の子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その一方のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。

 
新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.