後見制度支援信託について


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像現在、私は母の成年後見人をしています。
実は、私が後見人に就任したのは、母が交通事故の被害に遭い、高次脳機能障害と診断されたためです。この交通事故の処理が終わり、損害賠償金としてまとまったお金が保険会社から送金されるようです。
この話を家庭裁判所にしたら、「後見制度支援信託」の紹介をされたのですが、これはどういった制度なんでしょうか?
 
2670.pngのサムネール画像後見制度支援信託とは、被後見人の財産のうち、日常的な支払いに対応する金銭を後見人が管理し、通常使用しない金銭を信託銀行等に預ける(信託する)制度のことをいいます。定期的に一定額が信託銀行等から後見人のもとに送金されるという仕組みです。
後見制度支援信託が設定されると、信託された財産の払い戻しや解約をする場合に家庭裁判所の指示書が必要です。
 
1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

もし手元の資金だけでは支払いに対応できないような事態が起きたら、どうすればいいですか?
 

2670.pngのサムネール画像
そのような場合、家庭裁判所に事情を説明して、家庭裁判所から指示書の発行を受け、それを信託銀行等に提出し、必要な金銭を信託財産から払い戻すことが可能です
 


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

いくら以上の資産がある場合に使われているのでしょうか?
 


2670.pngのサムネール画像
現在では、被後見人の預貯金等の流動資産が1000万円以上の場合に利用されています。ただ、ここは地域ごとに取り扱いが異なるようですので、管轄の家庭裁判所に聞いてみてください。


1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像
 
この後見制度支援信託を利用する場合、どのような流れになりますか?
 


2670.pngのサムネール画像ご相談のケースのような、後見開始当初は親族が後見人となっている場合であっても、一旦、弁護士などの専門職の後見人が選任されます。
この選任された専門職後見人が、後見制度支援信託を利用すべきかどうか等を検討して、利用が適していると判断される場合には、信託する銀行の選定や信託財産の金額等の条件を検討し、家庭裁判所に信託契約をする旨の報告書を提出します。
その後、家庭裁判所が、信託契約締結の指示書を発行し、その指示書をもとに、専門職の後見人が信託銀行等と信託契約をすることになります。
 
1c815935462346fc3d4d80266b10e706.pngのサムネール画像

この信託契約が無事なされたら、その後専門職の後見人はどうなるのでしょうか?
 


2670.pngのサムネール画像
通常、信託契約が無事に締結できた場合、専門職の後見人は辞任をして、親族後見人に財産の引継ぎを行います。
 

新潟市で弁護士に相続相談のご予約-025-288-0170
 

Contents menu


事務所概要
アクセスはこちら
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号
アクセスマップ
当事務所のリンク集
弁護士法人美咲総合法律税務事務所
新潟市の弁護士による交通事故被害者相談
新潟市の弁護士による相続トラブル無料相談室

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


Google+

fts_logo.jpg
弁護士法人宮本総合法律税務事務所
(旧:宮本総合法律税務事務所)
  • 〒950-0954
  • 新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
  • 電話 025-288-0170
  • FAX 025-288-0172
Copyright (C) Misaki SOGO law & tax office All Rights Reserved.