HOME > よくあるQ&A > 遺産分割について > 預貯金を単独で引き出すことはできるのか?

預貯金を単独で引き出すことはできるのか?

質問

亡くなった父名義の預貯金があります。相続税の納付のために現金が必要なのですが,遺産分割がまとまっていません。相続人は他2人いるのですが,私ひとりで預貯金を引き出してもよいのでしょうか。どのように処理すればいいのでしょうか。

回答

預貯金も遺産分割の対象。単独での払戻しはできません。

預貯金は,法的には,自由にお金を出し入れする預貯金債権といいます。
従前は,預貯金債権は可分債権であるため,法定相続分に応じて当然に分割されると考えられていました。例えば100万円の残高がある預貯金口座があって,相続人が被相続人の子2人だとすると,1人あたり50万円ずつその預貯金債権を取得するということです。そのため,遺産分割協議をして誰がどれくらいの預貯金を取得するのかということを取り決めしなくても,銀行に対して請求することが可能でした(銀行が応じるかどうかは別問題としてありますが)。
しかし,近時,最高裁判所は,「共同相続された普通預金債権、通常貯金債権及び定期貯金債権は、いずれも、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となるものと解するのが相当である。」と述べ,従前の考え方を変更し,預貯金債権も遺産分割の対象であると判断しました(最決平成28年12月29日裁判所時報1666号1頁)

参考:http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/354/086354_hanrei.pdf

この決定によれば,単独で法定相続分に相当する金額を引き出すということができなくなります。ただ,各金融機関によりその対応は若干異なることが予想されますので,必要書類等についてはお近くの支店等にお問い合わせください。

関連記事はこちら