HOME >

遺産分割調停-生命保険の受取人変更、不動産評価が問題となった事例

事案の概要 父親が亡くなり、相続人は、妻・子・前妻の子(2人)の合計4人 相続財産は、多数の不動産・預貯金・有価証券等、総額約2000万円 ご依頼の経緯 前妻のお子様たち2人から、家庭裁判所に対し、遺産分割調停の申し立てがあったため、被相続人の奥様とお子様からご依頼をいただくことになりました。 当事務所の活動 被相続人がお亡くなりになる直前に、生命保険の受取人名義を、ご自身から 続きを読む

遺留分-遺留分侵害額に相当する約600万円の支払いを受けた事例

1.事件の種類 遺留分減殺請求 2.事件の概要 依頼者の父親が死亡。相続人は依頼者と相手方の2名のみ。 被相続人である父親は、生前、「相手方に対し全財産を相続させる」という内容の遺言書を作成していた。 依頼者には、父親の遺産について4分の1の割合で遺留分を有しているところ、父親が作成した遺言書は、依頼者の遺留分を侵害するものであった。 依頼者から相談を受け、当職が財 続きを読む

  • <<
  • >>