HOME > よくあるQ&A > 相続放棄について > 相続放棄をしたら「おしまい」なのか?

相続放棄をしたら「おしまい」なのか?

質問

父が亡くなり,相続人は母(妻),私(長女)2人です。相続財産としては,父名義となっていた実家の土地建物があります。しかし,父母ともにだいぶ前から施設に入所していたこともあり,自宅は古くてボロボロです。しかも,父は生前借金をしていたので,私と母は相続放棄をしようと考えています。
この場合,何か問題はありますか。

回答

相続放棄をしても一定の責任を負う。


相続放棄をした場合,後順位の人が相続人となることは,こちらの記事で説明しました。
それでは,相続放棄をした場合,「もう私は関係ない」と言って,全ての責任から解放されるのでしょうか。
例えば,自宅の建物について。自宅の所有者であれば,自宅の瓦や屋根が劣化して,風で吹き飛んで通行人にケガをさせたとしたら,場合によっては,工作物の所有者として損害賠償義務を負うこともあります。

(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)第七百十七条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

相続放棄をした場合,「初めから相続人とならないわけですから,所有権等の権利も承継しないため,何の責任も負わなくていい」というふうに思いますよね。実は民法はこのような考え方をしていません。

(相続財産の管理)第九百十八条 相続人は、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産を管理しなければならない。ただし、相続の承認又は放棄をしたときは、この限りでない。

 相続放棄をした場合,「初めから相続人とならないわけですから,所有権等の権利も承継しないため,何の責任も負わなくていい」というふうに思いますよね。実は民法はこのような考え方をしていません。
まず,相続開始により,相続財産を管理する義務を負います。そして,相続放棄をした場合,相続しないことが確定するわけなので,相続財産の管理義務は消滅します。しかし,いきなり管理者がいなくなってしまうと,何かあった場合の責任の所在が不明確です。
この場合の規定が民法940条1項です。

(相続の放棄をした者による管理)第九百四十条 相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

簡単に言うと,相続放棄によって相続人となった後順位の人が相続人として財産管理ができる状態になるまで,管理義務を負うことになるのです。もしこの管理義務を怠って,誰かに損害を発生させたときは,損害賠償義務を負います。

関連記事はこちら