HOME > 解決事例

解決事例

相続の承認又は放棄の期間伸長の申出を行った上で、被相続人の負債 を調査した事例

依頼者属性 50代女性 事案の概要 被相続人は依頼者の夫でした。 依頼者の夫は不動産などの財産を所有していましたが、負債(借金)もありました。 依頼者としては負債が財産よりも多ければ相続放棄をしようと考えていましたが、負債の全容が分からず、相続放棄をするべきかどうかを判断できない状況でした。 弁護士の対応 負債を調査するにあたって多少の時間を要することが予想されたため、家庭裁判所に 続きを読む

【解決事例】遺産について調査を行い、適正な割合で遺産分割を行った事例

依頼者属性 50代女性 相手方属性 50代男性 事案の概要 被相続人には依頼者と相手方の 2 人でした。 遺産としては預貯金がありましたが、生前から被相続人の預貯金は相手方が管理しており、その内容を開示してもらえなかったため、遺産分割が進まない状況でした。 弁護士の対応 依頼後、預貯金の内容が確認できる資料(取引明細)を取得した後、相手方と遺産分割の交渉を行いました。 使途不 続きを読む

清算人の申立てを行い、不動産売買を実現した事案

事案の概要 ある区域の開発を行っている不動産業者からのご依頼案件です。 不動産業者が不動産の所有者を調査したところ、ある土地の所有者がすでに事業停止している法人(株式会社)であることがわかりました。当該法人は、事業を停止しているものの、破産申立て等は行われておらず、いわゆる休眠会社の状態でした。 不動産業者は、その法人の代表取締役の親族に対して連絡がとれたのですが、代表本人はすでに亡 続きを読む

【解決事例】遺産分割協議 多数の相続人と協議をした事例

事案の概要 本件は、相談者の方が不動産(建物)について、法定相続分に相当する持ち分ではなく、全体の持分の取得を希望した事案です。 特殊な点は、遺産である不動産に土地は含まれず、建物だけが遺産となっているということです。 当事務所の対応 遺産である不動産に土地が含まれる場合、一般に土地には価値がありますから、単独での取得は難しい(あるいは単独で取得するとしても、一定額のお金を支払いをする 続きを読む

【解決事例】法定相続分の一部を早期に取得した事例

事案の概要 相続人の一人の方が遺産を全て取得しようと考え、依頼者への法定相続分での配分を拒否した事案です。 この事案では、その一人の相続人の方も遺産を依頼者に配分しなければならないことは分かっており、他方で依頼者も必ずしも法定相続分どおり取得したいとまでは、考えていなかった事案です。 当事務所の活動 一般的には、遺産分割で紛争になってしまった場合には、弁護士としては遺産分割の交渉事件と 続きを読む

【解決事例】公正証書遺言(予備的遺言)の作成を行った事例

事案の概要 お亡くなりになった方が、遺言等を残していなければ、その方の遺産は法定相続分に従い、各相続人に相続されます。 この方の場合は、法定相続分による相続よりも、自身により近しく、寄り添ってくれた相続人に遺産を取得させることを希望され、当事務所にご相談にいらっしゃいました。   当事務所の活動 当事務所では公正証書遺言の作成をサポートしました。 この方は、遺産を 続きを読む

【解決事例】公正証書遺言の作成を行った事例

事案の概要 以前に相続で紛争となった方で、ご自身の相続の際には紛争になってほしくないことから、当事務所に遺言書の作成を依頼されました。 この方の場合、子どものうちの一人にすべてを相続させるという内容を希望していました。   当事務所の活動 自筆証書遺言の場合、お亡くなりになった後に、家庭裁判所に遺言を提出し、検認という手続をしなければなりません。その申立てを行うのは一つ 続きを読む

【解決事例 相続放棄】相続放棄期間経過後に相続放棄の申し立てをして、認められた事例

依頼者の父親が亡くなり、依頼者は父親の相続人として、父親の通帳等を管理していました。父親が亡くなって約半年が経過してから、突然、父親の債権者という金融機関から、父親の借入金数千万円を請求する書面が届きました。 相続放棄が認められるのは、相続を開始したことを知ってから3か月以内です。しかし、依頼者が父親の債務の存在を知った時には、既に父親の相続放棄ができる期間(3か月)は経過していました。そこで、 続きを読む

【解決事例 遺産分割】海外在住の依頼者から依頼を受け、不動産等を売却した事案

依頼者は海外に在住で会ったところ、新潟県内に住む父親が亡くなり、相続が発生しました。遺産としては、父親名義の不動産と預貯金等がありましたが、住宅ローンが残っていたため、支払いが滞った状態となっていました。 父親は、遺言書を作成せずに亡くなったため、預貯金を解約するにしても、不動産を売却するにしても、相続人全員の合意が必要となりました。しかしながら、相続人らの中で意見が異なることや、依頼者が海外に 続きを読む

【解決事例】相続人3名から依頼を受け、代理で相続放棄の申述を行った事例

依頼者属性 50代男性、30代男性、30代女性 事案の概要 被相続人には配偶者の他、子供がいましたが、子供は全員放棄していました。 依頼者は被相続人の兄弟、甥、姪でした。 当初は、被相続人の負債をその配偶者がどのように返済すればよいのかという相談でしたが、被相続人の子供全員が相続放棄したことから、依頼者も相続人となることが判明しました。 弁護士の対応 相続放棄の依頼を受け、必要な戸籍等 続きを読む