HOME > 遺言・遺言執行

遺言・遺言執行

1 遺言作成の必要性

相続紛争を避けるためには、遺言を作成することが重要だと言われます。
しかし、なぜ遺言を作成することによって相続紛争を避けることができるのでしょうか。
それは、相続紛争の多くが,相続に関する故人の思いが分からないことによって発生するためです。

例えば、民法上、親の相続における子の法定相続分は平等とされています。しかし、子が複数いれば、実家に残り親と同居する子と、実家を出る子がいるのが一般的だと思います。そして、実家にいる子からすれば、自分は親と同居して面倒を見るなど大変な思いをしていると考えるものですし、実家を出た子からすれば、親と同居していることによって、経済的な恩恵を受けている,あるいは受けているのではないかと思ってしますものです。

遺言を作成しないままお亡くなりになってしまうと、この感情のもつれが遺産分割協議を通じてより大きくなり、話し合いでは決着が付かず、相続紛争となってしまうのです。

そこで、親として、子どもに平等に与えるのか、実家にいて苦労をかけた子に多く与えるのか、また今まで十分与えることのできなかった実家にいない子に多く与えるのかを、遺言を作成することによって、しっかりと示すことが必要なのです。

親から見れば、兄弟が遺産を巡って争うことなど想像できないかもしれません。

しかし、子どもの頃ならまだしも、独立して家庭をもった子どもたちであれば、考え方も感じ方も異なります。

したがって、自分のところは大丈夫などと思わずに、遺言を作成することが必要なのです。

また、遺言を作成しない場合には、遺産は法定相続分にしたがって相続人に相続されます。

そのため、相続人ではないが世話になった親族や、その他の人に遺産を残したいと考える場合には、遺言の作成が必須となります。

2 遺言執行

遺言の内容を実現するためには、不動産の名義変更や預金の解約などの手続をとらなければなりません。この遺言の内容を実現するための行為を遺言の執行といいます。

この遺言の執行は、相続人自身が、あるいは互いに協力して行うことができます。

しかし、遺言の内容に不服をもった相続人が、遺言の執行に協力しなかったり、積極的に妨害行為を行うこともあり得ます。

例えば、相続人以外のものに不動産を遺贈する、という遺言を作成した場合には、不動産の名義変更には、相続人の協力が必要です。また、全ての遺産を長男に相続させる、という遺言を書いたとしても、その名義変更を終える前に、次男が自身の法定相続分について登記を行うかもしれません。

また、こういった極端な例でなくとも、遺言の執行を行う第三者がいれば、遺言の執行はスムーズになされ、遺言者の意思は確実に実現されます。

このように、遺言の執行をスムーズに行い、遺言者の意思を確実に実現するためには、遺言書を書くだけではなく、遺言書の作成とともに遺言執行者を定めておくことが有益です。

遺言書の作成,遺言執行者への就任については、相続案件の経験が豊富な当事務所にお任せ下さい。