HOME > よくあるQ&A > 遺言について > 自分で遺言書を書く場合の注意点はありますか?

自分で遺言書を書く場合の注意点はありますか?

質問

自分で遺言書を書こうと思うのですが,どういった点に注意すればよいのでしょうか。

回答

自筆証書遺言の方式は法律で決まっているためご注意を
遺言書には,自筆証書遺言,公正証書遺言,秘密証書遺言がありますが,これらのないようは「遺言書の種類」のページで解説しておりますので,そちらをご覧ください。

ご自分で遺言書を作成される場合,法定の方式に従って作成する必要があり,もし法定の方式とは異なる書き方をすると,場合によっては無効となってしまいます。

まず,自筆証書遺言は,文字通り,自筆をする必要があります。パソコンなどを使って作成することはできません。

また,作成日を記載する必要があるのですが,「平成●年●月●日」と正確に記載しなければなりません。裁判例上,作成日が「七月吉日」という記載は,日付の記載として不十分であると判断され,遺言が無効となったケースもあります(最高裁判所昭和54年5月31日判決)。

そして,押印を忘れずにしなければなりません。指印でも足りるとした判例もありますが(最高裁判所平成元年2月16日判決),印鑑を押した方が無難でしょう。

ざっと挙げるだけでも以上のような決まり事がありますし,これ以外にも注意しなければならない点があります。また,内容面でも注意しなければならない点は多数あるため,ご自分で作成された場合には,後日遺言が無効と判断されるリスクがございます。実際,当事務所に遺言関係の相談にお越しになる方の中には,遺言の内容が不明確で,遺言として意味をなさないものも見受けられます。

遺言の作成に関心をお持ちの方は,まずは当事務所にご相談いただいた方がよろしいかと存じます。

関連記事はこちら