HOME > よくあるQ&A > 相続人について > 内縁配偶者の相続権

内縁配偶者の相続権

質 問

私には,籍は入れていませんが,長年連れ添ったいわゆる内縁の夫がおりました。晩年はずっと病気がちで,私がずっと看病しておりましたが,先日亡くなりました。内縁の夫は子供はおりませんが,兄弟はまだ生存しております。内縁の夫には遺産があるのですが,私には相続権がないのでしょうか。

回 答 

内縁配偶者には相続権がないので,その男性の遺産を相続することはできません。しかし,遺産の形成について,あなたの寄与分が認められる場合には,あなたに遺産の共有持分が認められることがあります。
 

現在の法律では,内縁の配偶者に相続権が認められておりません。死亡した内縁の配偶者に法定相続人がいない場合には,特別縁故者(民法958条の3)として,遺産を取得できる余地があります。

しかし,本問の場合,法定相続人である兄弟が生存しているため,この兄弟全員が相続放棄の手続きをとらない限り,内縁の配偶者であるあなたは遺産を取得できないことになります。

ただ,裁判例においては,内縁の配偶者が遺産の形成へ寄与したこと(遺産を減らさないように維持したり,増加させたことについて協力したこと)を考慮して,不動産や預金について,内縁配偶者の共有(一定の権利が複数の人によって支配・利用されていること)を推定した事例があります。

この構成をとることができれば,相続権のない内縁配偶者も,遺産を取得できる余地が残されることになります。

しかし,共有となる範囲や共有の割合をどうするのか等についての問題があるため,内縁の配偶者が必ずしも遺産を取得できるわけではありません。

もし,内縁の配偶者に遺産を取得させたい場合には,亡くなる前に財産を生前贈与するか,遺言による贈与(遺贈)を検討した方がよいでしょう。

関連記事はこちら