HOME >

遺留分-使途不明金がある事案について約280万円増額した事例

事件の種類 遺留分減殺請求 事件の概要 相続人は被相続人の子2名及び孫2名(代襲相続)で、この孫にあたる方2名からご依頼をいただきました。 被相続人は生前に遺言書を作成しており、子2名に対して財産を相続させる旨の内容でしたが、依頼者の親にあたる方への相続分がありませんでした。そのため、遺留分(36分の1)の侵害があることは明白でした。 それに加え、被相続人名義の口座の取引履歴 続きを読む

  • <<
  • >>