HOME > Articles by: 江幡 賢

遺産分割交渉-使途不明金が問題になったが、交渉で早期に解決できた事案

分野:遺産分割交渉 依頼者: 60代 被相続人のお子さん2名 トラブル相手:被相続人の妻・こどものうち1名 遺産の種類:不動産(自宅)、預貯金 遺産額:約3000万円 エリア:新潟市内 事案の概要 生前に使途不明金について相続人間でトラブルが発生しており、当事者間で不信感が高まっていました。そのため、被相続人が亡くなったあとの遺産分割では、相手方が弁護士に交渉を依頼されたため、ご依頼 続きを読む

遺産分割調停-不動産を取得する代わりに支払う代償金の支払方法が問題となった事例

分野:遺産分割 依頼者: 60代 被相続人の子ども2名 トラブル相手:被相続人の子ども1名と、その夫(婿養子) 遺産の種類:不動産(土地・建物)、預貯金 遺産額:約5000万円 エリア:新潟市内 事案の概要 ご依頼者のお二人と相手方夫婦とは、被相続人の生前から相続に関して考え方に違いがありました。 そのため、お二人はお墓の管理やお寺さんとのお付き合いについて不安を抱いていらっし 続きを読む

遺産分割協議-高額な特別受益について、交渉で勝ち取った事例

事案の概要 父母の順番でお亡くなりになり、相続人は兄弟3人 相続財産は、自宅不動産・預貯金等、総額約3000万円 ご依頼の経緯 相続人のお一人から、遺産分割協議についてご依頼を受けました。 本件では、相続人である兄弟のうち一人が、父母と同居しており、父母の生前に、比較的高額な金銭を受領していた可能性がありました。 そこで、父母の生前に、父母から相続人のうち一人にお金が渡っていな 続きを読む

遺産分割調停-生命保険の受取人変更、不動産評価が問題となった事例

事案の概要 父親が亡くなり、相続人は、妻・子・前妻の子(2人)の合計4人 相続財産は、多数の不動産・預貯金・有価証券等、総額約2000万円 ご依頼の経緯 前妻のお子様たち2人から、家庭裁判所に対し、遺産分割調停の申し立てがあったため、被相続人の奥様とお子様からご依頼をいただくことになりました。 当事務所の活動 被相続人がお亡くなりになる直前に、生命保険の受取人名義を、ご自身から 続きを読む

遺留分-使途不明金がある事案について約280万円増額した事例

事件の種類 遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求) 事件の概要 相続人は被相続人の子2名及び孫2名(代襲相続)で、この孫にあたる方2名からご依頼をいただきました。 被相続人は生前に遺言書を作成しており、子2名に対して財産を相続させる旨の内容でしたが、依頼者の親にあたる方への相続分がありませんでした。そのため、遺留分(36分の1)の侵害があることは明白でした。 それに加え、被相 続きを読む

遺言書作成-相続紛争を避けるために公正証書遺言を作成した事例

事件の種類 遺言作成 事件の概要 このご依頼者様の法定相続人は2名おり、双方とも遠方に住んでいるのですが、潜在的な対立関係が伺われる状況でありました。 ご依頼者様としては、とにかく兄弟間での紛争を予防するために遺言を作成したいということで、弊事務所ご相談くださいました。 方針 複数の不動産をお持ちであり、そして兄弟間の紛争を予防したいという御意向であったため、固定資産税の負担等 続きを読む

  • <<
  • >>