HOME > 解決事例 > 遺言書作成-相続紛争を避けるために公正証書遺言を作成した事例

遺言書作成-相続紛争を避けるために公正証書遺言を作成した事例

3-1.jpg

事件の種類

遺言作成

事件の概要

このご依頼者様の法定相続人は2名おり、双方とも遠方に住んでいるのですが、潜在的な対立関係が伺われる状況でありました。

ご依頼者様としては、とにかく兄弟間での紛争を予防するために遺言を作成したいということで、弊事務所ご相談くださいました。

方針

複数の不動産をお持ちであり、そして兄弟間の紛争を予防したいという御意向であったため、固定資産税の負担等に配慮した案などをご提案させていただきました。

その中から、ご依頼者様としては平等に分配したい意向が強いとお話しされたことから、できるだけ等しい価値が双方に分配される内容を構成しました。

その後、弊事務所が公証人役場とやり取りを行い、ご依頼者様とご一緒に公証人役場へ赴き、公正証書遺言として作成しました。

担当弁護士の所感

複数の不動産があったことから作成がやや難しかった部分はありますが、穏当な遺言を作成できたと思います。

また、ご依頼者様より感謝の言葉をいただき、当職らとしてもうれしく思っております。(担当弁護士 江幡賢,五十嵐)

遺言作成の必要性>>>

The following two tabs change content below.

小林 塁

新潟市立山潟中学校卒業 新潟県立新潟高等学校卒業 新潟大学法学部卒業 東北大学法科大学院卒業

関連記事はこちら