HOME > よくあるQ&A > 相続財産について > 生命保険金の扱い

生命保険金の扱い

質 問

夫が亡くなり、相続人は妻の私と子1人です。夫は、生前に子を受取人とする生命保険をかけていて、子に生命保険金が支払われました。この生命保険金も、被相続人である夫がかけていた保険ですから、遺産として私も一部を受け取ることができますか。

回 答

生命保険金は、特定の者が受取人として指定されている場合は遺産ではなく、その受取人固有の財産となります。

では、生命保険は遺産ではないのですね。
相談者
相談者
美咲総合法律税務事務所
美咲総合法律税務事務所
亡くなられた方が生命保険をかけていることは多くあります。この生命保険は亡くなった方がかけていたわけですから、その他の財産と一緒で被相続人の遺産に含まれるように思えます。しかし、この遺産に該当するのかは、受取人が誰なのかによって扱いが変わってきます。
美咲総合法律税務事務所
美咲総合法律税務事務所
受取人が被相続人自身であった場合、被相続人が保険金を受け取る権利を有するため、相続人はその権利を相続することになります。したがって、遺産(相続財産)として扱います。
生命保険の受取人が子ではなく、夫名義であれば、遺産として私も受け取れたということですね。
相談者
相談者
美咲総合法律税務事務所
美咲総合法律税務事務所
受取人が特定の者として指定された場合、これは指定された者の固有の財産として扱われます。そのため、遺産として扱われるわけではなく、受取人とされた者以外の他の者は、遺産であるとして相続分に基づいて引渡しを求めるようなことはできません。
夫の生命保険の金額がかなり多くて・・・不公平のように感じてしまうのですが、それでもどうにかならないのでしょうか?
相談者
相談者
美咲総合法律税務事務所
美咲総合法律税務事務所
なお、裁判例上は、「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものと評価すべき特段の事情がある場合」には、特別受益に準じた扱いをして、相続財産に組み入れる扱いも可能であると判断しているものもあります(最高裁判所平成16年10月29日決定)が、具体的にどの程度であれば特別受益に準じた扱いにするのか画一的な基準があるわけではありませんし、これに該当するのはかなり例外的な場合でしょう。

関連記事はこちら