HOME > 解決事例 > 遺産分割協議ー遺産内容を相手方に丁寧に説明し納得してもらい、早期に解決できた事例

遺産分割協議ー遺産内容を相手方に丁寧に説明し納得してもらい、早期に解決できた事例

分野:遺産分割
依頼者: 50代 被相続人の子ども複数名
トラブル相手:被相続人の孫2名
遺産の種類:預金、不動産(自宅の土地建物)
遺産額:約2000万円
エリア:新潟市内

事案の概要

当方の依頼者のうちの1名が、被相続人の生前に同居していました。

今回相手方となる孫たちは遺産の内容については特に把握していませんでした。
被相続人の死後、当方の依頼者から相手方に対し、遺産の内容を開示していましたが、預金がもっとあるのではないか、あるいは不動産の時価が高額なのではないかという疑問を抱きました。また、被相続人の生前、生命保険受取人の変更が行われており、それについても疑問を抱いていたようで、代理人を立て、当方のご依頼者様たちにご連絡がありました。

そこで、当事務所にご相談いただきました。

交渉の経過

本来あるべき預金がないのではないか、という疑念に関しては銀行の取引履歴を示しました。使途が不明な取引履歴もなかったため、その点については納得してもらえました。

また、生命保険の受取人の変更についても適正に行われたことを、変更の書類を示すなどして証明することができました。

結果

上記の取り組みの結果、遺産内容について納得していただき、法定相続分で遺産を分けることができました。

ご納得いただいたのち、遺産分割協議書を作成し、当事務所で預金の解約を行いました。不動産登記については、当事務所が連携している司法書士をご紹介いたしました。

ご相談から合意まではわずか半年ほどと短い期間で解決することができました。

担当弁護士の所感

法定相続分の遺産分割を望まれていたこともあり、相手方に納得感を感じていただくことが重要なポイントしてたので、丁寧に説明することを心がけました。そのため早期に解決できました。
(担当弁護士 小林塁)

 

The following two tabs change content below.
アバター

小林 塁

新潟市出身。遺産分割等の紛争案件や遺言等の生前対策に注力している。 一般の方向け、保険代理店向けセミナー実績多数。 家族信託専門士の資格も保有。

関連記事はこちら