HOME > 解決事例 > 遺産分割協議-感情的対立がある場合に交渉により解決した事例

遺産分割協議-感情的対立がある場合に交渉により解決した事例

事案の概要

遺産分割協議に関する事案です。

特にどの点についてトラブルになっているということはないのですが、感情的対立があり、双方が不信感を抱いていたため、当事者間での話し合いは困難という事案でした。

当方がご依頼を受けてまもなく、相手方も代理人を立てたため、代理人を通じての交渉でした。

 

交渉の経緯

まず、不信感があったままでは交渉が困難ですので、当職で被相続人の財産調査をして、相手方に対し、預金の取引履歴を含め、財産の内容を開示しました。

開示やその際のやりとりを通じて、相手方のこちらに対する不信感がなくなりました。

もともと、特別受益や寄与分等の争点があるわけではなかったため、その後はどちらがどの財産を取得するかを協議し、法定相続分どおりの分割を行うことができました。

 

担当弁護士の所感

遺産分割に関しては、特に争点等がなくても、感情的対立から合理的な話し合いができないことがあります。

そういった場合には、弁護士に依頼すればスムーズに解決ができるものと思います(担当弁護士 小林 塁)

The following two tabs change content below.

小林 塁

新潟市立山潟中学校卒業 新潟県立新潟高等学校卒業 新潟大学法学部卒業 東北大学法科大学院卒業

関連記事はこちら